2017年07月14日

大会長 あいさつ文

相模です。
プログラムに載せた挨拶を転載いたします。
かなりふざけていますが、ブリーフ・フェスにぜひおいでください!



ようこそ、ブリーフ・フェスへ!


 今回、大会長を務めさせていただきます相模です。

 

 突然ですが、よく夏フェスなるものに行きます。

 夏フェスとは夏休みに行われる音楽フェスティバルです。大抵はステージが幾つかあり、同時進行で演奏が行われます。後で他のステージの方が盛り上がったとか聞いて悔しい思いをしたりします。不思議なのはただ人気者を集めてフェスを行っても、あまり盛り上がらないのです。そこにはバンドやミュージシャンの繋がりといった流れが必要になってきます。お客さんはそれを踏まえながら、ステージを行き来し、自分の好きな音楽を再確認したり、時に新たな音楽の発見をします。

 今回、大会企画や準備を進める中で思い始めたのは、これはフェスではないか、ブリーフ・フェスではないか!ということです。

 夏の最中、3日間(フェスも大きなものは3日間)、ブリーフサイコセラピーを学びながらも、朝も昼も夜も我々参加者は結構楽しんでいます。企画されたシンポや演題発表を聞きながら、色々自分の領域に当てはめたり、刺激を得たり、考えたりするのはなかなか楽しいものです。

 そして自分が発表して、少し緊張しながらも落ち込んだり、上手くいったと喜んだりするのは、出演しているバンドの気分にも近いかもしれません。そして夜の懇親会等でそのようなシンポジウムや演題発表を肴にして親睦を深めていくのもフェスによくありがちな風景です。ついでに言うと企画者が企画したのにそれを見られないのも多分似ている…

 またこれはフェスとは関係ありませんが、今回は大会と連動して「ブリーフ遍路」というスタンプラリーを実施します。ぜひ朝一番からすべての企画に参加されて、景品をゲットしてください(「ブリーフ遍路」については○ページをご覧ください)

 

 今回、テーマを「ブリーフセラピー×教育」とさせていただきました。

 1日目のワークショップは不登校や学校でのサポートグループ・アプローチ、システムズ・アプローチといった学校現場で役立ちそうなものや、ミルトン・エリクソン、認知行動療法、アドラー、催眠法、動作法、果てはアンティシペーション・ダイアローグまで様々に学んでいただきたいと思います。

 2日目は菊池安希子会長による会長講演に始まり、基調講演として萬翠荘館長であります八木健先生にお願いしております。俳句とブリーフの共通点を参加者の皆様には見つけていただければと思います。

 午後からはいよいよ複数会場に分かれて演題発表、シンポジウムに続いていきます。災害後の学校コミュニティへの支援や学校現場でのブリーフを教えることなど興味に沿って会場に行っていただき、教育現場とブリーフの関わりが明らかになってくるかと思います。どこが楽しそうか悩みながら選んでください。

夜には懇親会で上手くいけば「ブリーフ遍路」の景品を得て、さらに松山の夜で盛り上がっていただければと思います。

 最終日はお疲れかもしれませんが、朝から演題発表で様々な発表、さらに教育現場におけるブリーフの研究シンポジウムで更なるブリーフの教育での実践研究を見ていただければと思います。午後からはブリーフを学んだ人たちのナラティブを聞き、ブリーフをより一層学んでいただくか、はたまた公認心理師シンポジウムで資格を目指していただくか、そんなことを考えながらそれぞれの臨床現場に戻っていただければと思います(ポイントが貯まった方は「ブリーフ遍路」の景品交換もお忘れなく)。

 ということで3日間、自分の興味と関心の赴くままに会場を自由に行き来しながら、楽しみ学んでいってください。何か新しい発見や出会いがあることを願っています。

 

あらためまして、ようこそ、ブリーフ・フェスへ!


posted by 松山大会 at 17:48| Comment(0) | 日記